トップイメージ

景品でギフトカードが当たるといいな

受領した利用レシート保持義務はあるか??結論について最初に述べると保有することは特別あるわけではありません。 人それぞれ保持していることで個々が利用した証跡を保管したいと思う際持っていればよいことだろうし、反対にもの無くても問題ないと考える場合は保存する理由はないと思われます。

とはいえ月に一度受け取る使用明細書との照合作業の時においてはもれなくこの明細レシートは不可欠となります。 明細レシートをそこまで少なくともキープしていないとなるとどこの場所でいつ頃いくらくらい利用したのか?について確かでなくなってしまうだけでなく、誤った請求の他重複の照合さえも不可能になるため気をつける必要があります。

クレジットを利用した内容は利用レシートを保管していないと覚えていないはずです。 できれば使用履歴が届く1ヶ月か2ヶ月までは、しっかり明細レシートを所持するようにして頂きたい。

クレジットのレシート廃棄方法・・・クレジットカードの明細レシート破棄手段は単純です。 他の人に悪用されないよう、できるだけバラバラに破って破棄するだけで問題ない。 簡易機械などが自宅で使える際には念のため使っても良いだろう。

なんと言っても利用を証明する利用レシートのため、Noなど個人の情報について特定されてしまうものがたくさん書いてあるのです。 普通の明細レシートと軽視せず厳重に行うようにして欲しい。 一方で、最近は防犯のために明細レシートにクレジット番号といった個人の情報が書かれないレシートも出ているようだが油断は禁物でしょう。


リンク